• ホーム
  • 施工事例
  • 住宅完成レポート
  • 石野工務店の家造り
  • こだわりリフォーム
  • 会社概要

代表取締役 石野政行 - 地域と共に生きてきた。大工一筋の真っすぐな人生 -

中学の先生に勧められ選んだ大工の道

私が大工の道を歩みはじめたのは中学校を卒業してからすぐのこと。もうかれこれ半世紀以上もの間この仕事を続けてるんですが、実のところ、別に幼い頃から「大工になりたい!」と思っていたわけではないんですよ。

私の出身は鹿児島でね、実家がすごく貧しくて…。正直、進学するお金がなかったんですわ。で、中学の先生に「訓練所に行って、建築の道を目指してみてはどうか」とアドバイスを受けたんです。

ほかにパッとした選択肢はありませんでしたし、とりあえず訓練所に行ってみようかなと。

きっかけは決して前向きなものではありませんでしたが、69歳になった今では大工という職業に誇りを持ち、情熱を燃やし続けているわけですから。

人生って、わからないものですね(笑)。

ものづくりの醍醐味を知り、24歳で独立

修業時代は、そりゃあ辛かったですよ。
休みがものすごく少なかったからね。毎月1日と15日の2日間だけだったもの。
最近では週休二日制が世の中の常になりつつありますが、そんなの夢のまた夢の時代でしたよ(笑)。休日の少なさもさることながら、修行内容もかなりハードなものでした。

実際の建築現場に連れていかれて、仕事を通じて学んでいきましたからね。
究極のOJTとでも言いましょうか。「見て学ぶ」でいたから・・しかも、親方の家に住み込みでしたらから、心も体も休まる時がありませんでした。

でも、その濃密な日々のおかげで私は大工として必要な技術を身につけることができ、ものづくりの面白さを知ることができたので、今思うと幸運だったのかもしれませんね。

大変な修業時代を経て、私が独立をしたのは24歳のとき。
当然のことながら当初は下請けの仕事ばかりでしたが、様々な現場を経験させてもらうことで、腕を磨き続けることができました。

必死に目の前の仕事に取り組むこと数年、気づけば私の大工としてのレベルは格段とアップしており、幅広い仕事が受けられるようになっていました。

はじめて元請けとして戸建ての注文を受けたのは、自分の技術に自信と確信を持ちはじめた34歳のこと。現在の場所に店を移したのもちょうどその頃でした。

地域に愛され続ける工務店

石野工務店は家づくりをするうえで、創業以来ずっと大切にしていることがあります。

それは“お客さまとの会話”です。施工前はもとより、家が完成してからも、私たちはお客さまの声に耳を傾けることに尽力してきました。

それはまるで、親せき同士のように。お客さまに一生、最高の家に住み続けてもらうこと。
それこそが私たちの切なる願いであり、使命だと考えております。おかげさまで現在、頼れる工務店として地域のお客さま方に愛され続けております。

これはとてもありがたいことです。今後もその期待と信頼を裏切ることなく、真の大工の技をもって、地域に貢献していければと思います。